読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

付き合う前に体を許してしまったら、もうその人とは付き合えない。

付き合う前に体を許してしまったら、もうその人とは付き合えない。

 

とかいうクソ記事を信じて、体を許さずにいたんだ。

 

 

一向に告白はない。

その気配もない。

 

デートは、やりたそうだなあ。が見え隠れして冷める。

 

とにかく家に来たがる。

そして私も、家に上げてしまう。

 

簡単に家に来させてしまうのがよくないんだと思って、

デートして、「今日は家来ないでね。」と強めに言ったら、

「んーうん。」って、面倒くさそうに。

 

簡単に家に上げるし、やらせてくれそうだから、一緒にいてくれるんだな、と。

その時に思ってしまった。

 

だから、今度会ったら、もうやらせてあげよう、と思った。

 

「今日家行っていい?」

 

とうとう家に直接。

普通のデートは省いてきたか。

いいよ、私ももう茶番はいい。

 

「うん、いいよ。」

 

多分、お互いに何となく気づいていた。

今日はそういうことになるだろうと。

 

ここまで来た、向こうのほうが一枚も二枚も上手だったことが証明された。

私が彼のことが好きだというのは、彼が一番わかっていたから。

誘えば断られない、それを繰り返せば、いつか折れてやらせてくれる。

 

「お疲れ。」

玄関先に立っていた彼は、本当に疲れて見えた。

 

「酒を買ってきましたよー。」

「ありがとう。」

 

私は酒を飲まないとする気にならない。

ということを彼は知ってか知らずか、お酒がいつもより多い。

 

「たんとお飲み。」

「うん。」

 

本棚を物色して、漫画を読みだす彼。

 

「お酒、飲まないの?」

「んー飲むよ。」

 

形だけ乾杯して、ああ、全然飲まないじゃん。

飲みすぎたら男の人は大変だもんね。

 

もう今日はそういう流れだ。

ビールを一気に飲み干し、もう1缶、もう1缶。

 

「いい飲みっぷりだねえ。」

「今日はいいの、もう疲れたから。」

「何してたの今日は。」

「永遠に映画見てた。」

「絶対疲れてないじゃん。」

 

だらだらした会話。

この後の展開に持って行くための、潤滑油、というか時間稼ぎ。

 

いつの間にか彼は移動していて、後ろから抱きついてくる。

「この漫画、続きないの?」

「まだ発売されてないの。」

「ふーん。」

 

知ってるくせに。

 

床に押し倒される。

きたきた。

 

「床、痛くない?」

「床、痛いです。」

「ベッド行く?」

「え、あ、うん。」

 

なんだその誘い文句は。倒してきたのはそっちじゃないか。

うん、って言っちゃうよそんな。

 

ベッドまで手を引っ張られて、ああもう、これは。

クソ記事によると、付き合えないのかなもう。

と思いながら、一回やってしまったら、もしかしたら何か変わるんじゃないかとか。

 

いや、どうでもいいや。

 

「えっと、シャワー浴びなくても大丈夫なタイプ?」

「うん。」

「電気消していい?」

「え、ヤダなー。」

「消さないと私がヤダ。」

「うーん、まあやっとやる気になってくれたし今日はよかろう。」

 

今日は、ってことは、今後も、

と思うと、少し嬉しい自分が悔しい。

 

リモコンで電気を消して、もう戻れない。

 

 

体の相性は別にいいわけでもなかった。

でもダメだ、好きだからなんでもいい。

 

早々に寝てしまった彼の頭を、起こさないように撫でながら。

可愛い、好き、セックスの間に言ってくれたこと。

セックスが終わってキスしてくれなかったこと。

小一時間の、いろんな行動を取り出して、彼の気持ちを分析する。

クソ記事で得た知識を用いて。

 

 

「んーまだしばらくは彼氏できんな。」

別に彼のためにヘコんでなんかいない。

 

付き合う前に体を許してしまったら、もうその人とは付き合えない。

その通りかもしれない。しかし誤解してはいけない。

 

付き合う前に体を許さなければ、その人と付き合える、というわけではない。

 

どうせ付き合えないなら、せめて体を許して関係を続ける、という選択肢が

あのクソwebメディアに書いていないあたり、やはりクソだ。

 

寝顔が可愛い。大丈夫、幸せ。