読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

22時を過ぎてからの誘いは(1)

「おい、飲むぞ。」

 

14時にサトルくんからメッセージ。

就活で何かあったんだろう。

 

「うむ、あり。」

 

今日は何もないし、昼から飲むのも悪くないや。

 

「もう、落ちたよーくそー。」

 

合流そうそう抱きつかれる。

 

 

「よしよし。」

 

頭を撫でながら、こいつ彼女いるんだよな、と思う。

 

「まあ、パーっと飲もう。バイト代入ったしおごるよ。」

「うわああん、お前はもう決まったからいいよなあ。」

「サトルくんの就活が終わるまで付き合うよ。」

 

そう、先日ようやく内定が出た。

第一志望群。もう就活をやめてもいいけど、サトルくんに合わせてもう少しするつもり。

 

私が就活でつらい時に助けてくれたのは彼だったから。

今度は私が助けたい。

 

今日は三軒茶屋

すずらん通りの焼きトン屋さん。

 

「ここ安くて美味しいんだ。今日は好きなだけお食べ。」

「マジでいいの?おごってもらうよ?」

「うん。最近ね、人にご飯食べさせるのが好きなの。」

「お前、彼氏いなさすぎてとうとうその境地に...。」

「うるさいよ。生でいい?」

 

生ビールで乾杯。

まだ14時半。背徳の味。

 

一通り就活の愚痴を聞いて、落ち着いたみたい。

 

「ありがとう、心の友よ。」

「いえいえ、話聞いてるだけよ。」

 

よくこんな仲になったものだ。

いろいろ、一悶着もあったのに。

 

結局遊ばれてるだけなのかな。

まあ、良いんだけど。

 

「最近どうなの?」

「何が。」

「彼氏とか。」

「珍しいこと聞くのね。」

 

いつも下ネタは話すけど、お互いの恋愛のことは聞いてこなかった。

こうやって2人でいる時に、彼の彼女の話をするのは、お互いなんとなく気まずかったから。

 

「もう全然いないよ。良いなと思ってた子には彼女できるし。」

「そっか。」

「つか、彼女いるんだよね?」

「うん、まあ一応ね。」

 

一応ってなんだよ。

 

「別れるのも、面倒だもんね。」

「そう、そうなんだよね。」

 

「今まで何人と付き合ったの?」

「2人。今の彼女と、高校の時の先輩と。」

「えっ見えないね。」

 

もっとチャラチャラしていたんだと思ってた。

 

「先輩、大好きだったな。浮気されてたけど。」

「へえ、忘れられなさそうだね。」

「うん、人生で一番好きだった。」

 

まだ20そこそこだろ。の言葉は飲み込んだ。

彼の顔がすごく切なそうだったから。びっくりしてしまった。

 

 

そういえば、前、「お前、元カノに似てる」って言ってた。

元カノって1人しかいないじゃないか。

 

「そういうことか。」

「え?何?」

「いや、なんでも。」

 

彼が私といるのは、元カノと重ねているから。

 

一目惚れ、なんて、初恋の人に似てただけでしょう。

 

 

「電話、なってるよ。」

「あっ、本当だ。」

 

後輩くんから。彼女、できたって言ってたのに。

「ごめん、ちょっと出るね。」

 

もうドキドキしてる。

「もしもし、どしたの。」

「いや、今何してますか?」

「三茶で飲んでるよ。」

「僕の家こないですか?」

「珍しいね、お家呼んでくれるの。」

「まあ、はい。」

「あとでLINEするわ。」

 

どういうつもりなのか本当にわからない。

遊ばれているだけでもいいと思ってしまう自分と、

もうこれ以上傷つきたくない自分がいる。

 

 

「大丈夫?」

「うん、ちょっと、会いに行こうかな。」

「また?遊ばれてるだけでしょ。」

「うん、そうなんだけどね。私も割り切ってるしいいよ。」

 

嘘。割り切れてなんかいない。

 

私も遊ぶことはそれなりに覚えた。

でも、やっぱり情はうつってしまう。

 

「お前の家行こうと思ってたのに。」

「ごめん。終電ギリギリまで付き合ってもらって。」

「いや、付き合ってくれてありがとうはこっちだけど。」

「ごめん。後輩に会ってくるや。」

 

すごい悲しい顔。

その顔があまりに綺麗で、頰に触ってしまった。

 

「何?チューする?」

「しないよ。おやすみ。」

終電に乗る彼を見送って、後輩に連絡する。

 

今から向かうから、30分くらいかかる、と。

 

何してるんだろう私。

何回目だろ、こういうの。

 

人を傷つけて、自分も傷つけて。

 

お酒くさそう。私。タバコも吸っちゃった。

 

千鳥足。

今日はすごい飲んだ。

お酒のせいにしちゃおう。

 

にやけてしまう自分が気持ち悪い。

ろくなことない、なんてわかっているのだけど。