読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リクルートラブ、略してリクラブ。

インターンで知り合った彼。

チームが違ったし、あの時は、喫煙所で一言二言話しただけだった。

 

「あれ、インターンで一緒だったよね?」

 

圧迫面接を切り抜け、面接会場を出ようとしていたところ、

後ろから背中を叩かれた。

 

「わ、え、うん。久しぶり。受けてたんだ。」

名前が出てこない。なんだっけ。 

 

「うん。びっくりした。まさか一緒になるとは。」

 

インターンが同じ時点で、志望業界は一緒。

よくあることだ。でも、意外と話しかけない。

仲良くしたい子だったら、インターンの時点で仲良くしてる。

 

「飯でも食っていかない?」

「あ、うん。そうだね。」

 

お昼時。そういえば朝も食べてなかった。

1人でさっきの面接を反省しながらのランチも味気ないし、まあいいか。

 

適当に近くのうどん屋さんに入る。

 

「力うどんって、絶対食わないよな。」

「確かに。食べようと思わないな。」

「うどんに餅って、炭水化物と炭水化物って。」

執拗に力うどんを貶す彼。よくしゃべる人だ。

 

「私は月見うどんにしよ。決めた?」

「うん、決めた。」

 

店員さんを呼び止め、彼は言い放った。

「すいません!月見うどんと力うどんください!」

 

爆笑する私。

それを見て満足そうな彼。

 

「フリが効いてるねえ。」

 

こんなキャラクターだったんだ。

 

「あの時さ、喫煙所で話したよね。」

「そうそう、私が話しかけて。」

「昔憧れてた女の子に似てる、ってやつでしょ。」

「うん、ボーイッシュな女の子でね。」

「俺は俺で女の子っぽいからな。」

「確かに。目大きいし。小柄だし。」

「小柄は余計だぞ。」

 

ほとんど初対面なのに、会話のしやすい人。

 

「その女の子、しばらく会ってないなあ。卓球部だったなあ。」

「えっ俺も卓球部だったよ。」

「それは意外。卓球部のこと見下してるタイプかと思った。」

「いやいや、映画のピンポン見て憧れて入ったから。」

「ピンポンいいよね。窪塚陽介が最高。」

「おお、ピンポン知ってるのか。わかってるね。」

 

弾む会話。

会話に必要な、頭の回転、教養のレベルが同じなんだろう。

 

この人くらいのレベルなのか、私。

こういう時に、自分の大したことなさを感じる。

 

本当の自分の顔のレベルは、

「この人、自分よりちょっと下だな。」

って思う顔くらいだ、と昔聞いた。

認識している自分の顔は、鏡を見ている時で、自然といい顔をしているから。

 

 

そんなもんか。

 

「一緒の会社入れたら面白いね。」

 

餅に苦戦しながら彼は言う。

 

「そうだね。本当に。」

 

ある程度話すと、この人とはこれから何か起こる予感

つまり、一夜を過ごすことがあるだろう

というのが、わかる。

 

彼は多分、また会うだろう。

そして、一夜を過ごし、後悔し、付き合うことはない。

 

「力うどん、二度と食わねえ。」

 

「うん。それがいいよ。」

 

慣れないスーツを着た、未熟な2人は、

大して美味しくもないうどんを食べて、楽しく過ごせた。