読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんな傷だらけ

自分ばかり傷ついていると思っていた。

 

体を許すことで、自分を犠牲に人を癒してるつもりだったんだ。

そのかわりに、私は一瞬だけ、孤独を忘れる。

男の人の性欲を処理し、抱きしめて安心をあげるための身体。

自分の存在意義の危うさに震える。

 

孤独な個体は、身を寄せ、お互いの弱い部分を見せ合って。

共感なんて、そんな暖かいものじゃなかった。

弱さは共鳴して、より大きくなる。

 

テレビに映る、田舎の幸せそうな家族を見ると、いつも驚く。

ちゃんと、幸せに生きれるんだ。

お金持ちじゃなくても、美人じゃなくても。

 

寂しかった。私たちはいつも。

理想と現実のギャップは人を孤独にする。

 

私はこんなものではないんだと、

周囲の人はわかってくれない。私はもっと上の存在なんだと。

 

でも、私が思う理想の人たちは、雲の上にいて、

本当は、今いる場所が私の実力で行けるギリギリの場所なのかと思いながら。

 

決して満足することも、努力することもなく。

 

今日も、付き合っていない、好きなのかどうかもわからない、彼と、

くすぐり合って笑いながら、体を交わして孤独をごまかす。

抱き合って眠ろうとするが、息苦しくなって、結局は背中を合わせて寝るの。

朝起きて、ベッドから出たら、まるで他人。

ハグもしない、キスもしない。 

そうして距離をとることで、期待させない。

 

それが、一番傷つかない方法だと思っていた。

人と寝た次の日は、疲れてしまって、夕方まで寝込む。

体が疲れてしまってるのではなくて、心がどうしようもなくクタクタなのだ。

 

孤独が、一瞬でも癒されるのは、人と抱き合っている時だけなんだ。

でも、それは麻薬のように、切れてしまうと心身はボロボロになる。

 

私と寝た翌日の彼のツイートは、少しメランコリーだ。

お互い、好きでもなんでもない。

孤独を必死でごまかそうとする度、少しずつすり減っていく。

すり減るところが無くなるまでそうして生きていくのかな。

 

いつか、田舎の幸せな家族みたいに、困難はあれど、

自分の現状に満足して、屈託なく笑えるんだろうか。